• HOME
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
ホーム 会社案内 会社沿革

会社沿革

1980
大阪工場でサーペンタイン型アルミコンデンサーの生産を開始
1987
日軽熱交株式会社設立(日本軽金属とModine manufacturing companyによる共同出資)
独立系では世界最大の米国Modine社からパラレルフロー型(PF型)熱交換器設計技術を、
日本軽金属からはノコロックろう付け技術の供与を受ける。
日本軽金属は、新たに同社蒲原熱交製品工場(日軽熱交蒲原事業所)の建設に着工
1988
世界初となるパラレルフロー型アルミコンデンサー(PFC)の生産を開始
1999
サブクール式パラレルフロー型アルミコンデンサー(IPFC)の生産を開始
品質マネジメントシステムISO9001の認証を取得
2003
環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得
2004
PFCとIPFCの生産が累計1千万台となる
2005
コンピュータなど精密機械用ラジエータ、液冷システムの生産を開始
2006
自動車用オイルクーラー、携帯基地局用熱交換器の生産を開始
2007
自動車産業向け品質マネジメントシステムTS16949の認証を取得
2008
PFCとIPFCの生産が累計1千5百万台となる
2011
日本軽金属がタイ国にルームエアコン用熱交換器生産工場を建設
(当社から熱交換器生産技術を供与)
2012
当社創立25周年にして、PFCとIPFCの生産が累計2千万台となる