沿革

1954年
日本軽金属経理部計算課として発足
1971年
日本軽金属電算室となる
1974年
日本軽金属と日軽アルミが合併、両社の電算部門が統合し情報システム部となる
1977年
全国営業オンラインシステム開設
1978年
日本軽金属経営システム部となる
1983年
日軽情報システム株式会社として分離独立/資本金2,000万円
1984年
コンピュータセンターを本社(銀座)から船橋に移転
1984年
本社を港区三田に移転/BESTシステム発売
1985年
エクスカリバーテクノロジーズ社(米国)と技術提携
1988年2月
資本金を1億円に増資
1988年5月
全国オンラインのデジタルネットワーク化実施
1990年4月
吉林松和電脳有限公司設立
1993年10月
日軽ソフトウェア開発株式会社を分社/本社港区三田
1994年11月
北京松和電脳有限公司設立
1996年2月
日軽ソフトウェア開発株式会社本社天王洲に移転
1997年1月
日軽情報システムと日軽ソフトウェア開発が統合
新日軽ベストシステム株式会社営業開始
1997年4月
DocumentExplorer(SGML文書検索システム)発売
1999年3月
本社を港区港南に移転
2000年10月
ISO9001 取得
2000年10月
日軽インフォブリッジ株式会社営業開始
2002年4月
日軽インフォブリッジ株式会社の全株式を日本電子計算株式会社に譲渡
2002年4月
本社を品川区東品川に移転
2008年10月
日軽情報システム株式会社と新日軽ベストシステム株式会社が合併